チラシ印刷を宣伝に役立てましょう|効果的な宣伝ツール活用

見る人が楽しむ宣伝

カラーチャート

反響が大きかった初期段階

連続ドラマのようにストーリー性が高いテレビコマーシャルが増えています。視聴者に次はどんな展開になるのだろうと期待を持たせるような作りです。もっともメジャーなのは携帯電話会社のテレビコマーシャルで犬がお父さん役のものです。テレビコマーシャルが流れ始めたころはなぜ父親が犬なのかに注目が集まり、まさか連続ものになり長期にわたり続くなど想像すらしていなかった作品です。テレビコマーシャルを作成する側もシリーズにするつもりはなかったようですが、あまりの反響で今に至っているようです。現在では続編が放送されるのは当たり前のような状況になっており、どんな大物俳優が登場するかも注目を浴びた人気作品となっています。

同業者に二匹目のどじょうは釣れない

このようなテレビコマーシャルは宣伝広告というより見る人が楽しむ娯楽番組のような状態になっています。長い時間、主要キャストを変えずに作り上げてきた結果としてテレビコマーシャルで宣伝している企業名は全国的に認知されるようになっています。ライバル企業が同じようなストーリー性のある連続もののテレビコマーシャルを一時作成し放送していましたが、こちらの方は長くは続かず終わっています。同じ業種で似たような設定のテレビコマーシャルを作成しても見る側にとっては真似しているだけとしか思えないものです。かえって反感を買う恐れもあります。全く違う視点から独自のテレビコマーシャルを作成する方がインパクトは大きいものです。